わたし、一時期パチンコにはまっていて、というより依存症だったのかも。
パチンコしかしてなくて、もちろんパチンコで飯を食うパチプロって言うようなことしてたんですよね。
定職につかずパチンコで稼いで食べていく、パチンコは楽しいしそれで食べていければ最高じゃないですか、今は女性でもパチンコやる人とても多いし自分もパチンコで生きていこうって感じでした。
知っていると思うけど、パチンコっていつもいつも勝っているってわけじゃないですよね、負けが続く日もあったりして…恥ずかしいんだけどそんな時は友達に頭下げて借金したり、実家ぐらしだったから親に金借りたりって、結構すさんだ生活だったんですよね。
こうまでしてもパチンコを辞めようって考えないんだから、立派な依存症だったのかも。
とある日、いつもの様にマイホールにしているパチンコ屋に行って何とか稼ごうと打ち続けてたんですよ、でもちっとも当たりが来ないんですよ、リーチもノーマルばかりだしたまのスーパーリーチもあっさりはずして、、、あー、本当に苛々するんですよね、こういう時って。
ふと少し離れた台に目をやると、ドル箱を積み上げている一人の男性がいたんですよ。
あまり見かけないような人でしたが、一回何回大当たり出しているの?って聞きたくなるぐらいに足元にドル箱積み上げちゃってて。
羨望の眼で見つめていたわたしに気がついたらしくって、あの台なら出るかもよってこっそり教えてくれたんですよ。
でも軍資金も尽きてたし手持ちの玉も全部飲まれてて、そしたら自分のドル箱から玉をくれて、打たせてくれたんですよね。
そうして行為に甘えて打っていたら、しばらくすると大当たり!!しかも確変が。
あれぇぇぇって感じでたし。
彼の言ったとおりに、この台で大当たりがきたんですよ、しかも連チャンまでして、ほとんどハマりもなく当たり続けたんですよね。
本当に驚きました。
換金して、彼にお礼を言って食事奢らせてくださいって言ったんですよ、快く受けてもらいました。
これ、実はわたしと旦那の出会いなんです。
彼の言った台でどうして当たったのか分からなくて聴いたんだけど、それは秘密っていたずらっぽく笑われて教えてもらえませんでした。
結婚して子供が出来たいまでも、台選びのコツは一切教えてくれないという徹底ぶりなんですよ。

関連記事